労働保険・社会保険の事務手続ポイント解説サイト
会社の労務担当者のための
労働保険・社会保険の取扱い・手続きについてポイント解説するサイトです。
従業員を採用したとき従業員が退職したとき従業員の異動・変更被扶養者の異動・変更起業・会社の設立・変更
事業所の備え付け帳簿定例事務手続き従業員のケガ・休業準備中準備中

従業員を採用したとき
  雇用保険の手続き
  社会保険の手続き
  被扶養者の手続き
  配偶者(第3号)の手続き
  

従業員が退職したとき
  雇用保険の手続き
  社会保険の手続き
  退職後の医療保険
  退職後の年金制度
  定年後に再雇用するとき

従業員の異動・変更
  家族を扶養するとき
  住所を変更したとき
  結婚するとき
  出産するとき
  育児休業するとき
  介護休業するとき
  氏名を変更したとき
  死亡したとき

被扶養者の異動・変更
  就職するとき
  出産したとき
  死亡したとき

起業・会社の設立・変更
  社会保険に新規に加入
  労働保険に新規に加入

事務所の備え付け帳簿

定例事務手続き
  定時決定
  随時改定
  賞与支払い時の手続き
  労働保険の年度更新

従業員のケガ
  業務でケガをしたとき
  仕事を4日以上休んだとき
  長期間治らないとき
  障害が残ったとき
  死亡したとき
  業務外のケガで休んだとき

準備中

準備中


  退職した後の医療保険

  退職後の医療保険は、いずれかの医療保険に加入することが義務付けられています。
  本人の退職後の状況や所得や家族構成により選択します。


  選択肢1 在職中の健康保険を2年間続ける「任意継続被保険者」になる


   健康保険の任意継続被保険者とは、健康保険の被保険者であった期間が継続して2ヶ月
   以上ある被保険者であった方が、在職中の健康保険に引き続き2年間加入することができ、
   在職中と同様の保険給付をうけられる制度です。
   保険料は全額自己負担(在職中の倍額)となります。

   会社が手続きを行うのではなく、退職後に本人が20日以内に、本人の住所地の全国健康保険
   協会の都道府県支部へ「健康保険任意継続被保険者資格取得申請書(サンプル)」を提出
  します。

   被扶養者がいる場合には、「健康保険被扶養者(異動)届」も同時に提出します。
   このとき、被扶養者の収入を証明する書類(源泉徴収票・直近3カ月の給与明細書など)を
   添付します。

   20日以内に提出しない場合、任意継続被保険者になることはできませんのでご注意ください。


  選択肢2 再就職先の事業所で健康保険に入る

   退職をした方がすでに再就職先が決まっている場合には、再就職先の事業所で社会保険の
   加入手続きをすることになります。

   ただし、再就職先の事業所が社会保険の適用事業所でない場合は、退職者本人が任意
   継続加入・国民健康保険・家族の被扶養者になるなどのいずれかの手続きを行う必要が
   あります。


  選択肢3 家族の扶養に入る

   退職をした方が、その家族の社会保険の扶養に入る場合には、その家族の勤務する事業所で
   社会保険の加入手続きをすることになります。

   社会保険の被扶養者の認定基準は、一般的には60歳未満で年間の収入が130万円未満、
   60歳以上で180万円未満です。


  選択肢4 国民健康保険に加入する

   退職をした方が、「再就職先が未定」、「健康保険の任意継続をしない」、「家族の社会保険の
   扶養に入らない」場合には、国民健康保険に加入することになります。

   国民健康保険の保険者は各市区町村なので、退職者本人が各市区町村役場の国民健康
   保険の窓口に、退職日の翌日から14日以内に申請します。

   申請書類は市区町村により取扱いが異なりますので、退職者本人が自身の市区町村に
   問い合わせる必要があります。


 
 
← 社会保険の手続き 退職後の年金制度 →
 
 
当サイトは社会保険労務士事務所セオスが運営しています。
c 2014 Labor Consultants Office Ceoss Allrights Reserved
 プライバシーポリシー l サイトマップ l 準備中 l 準備中
QLOOKアクセス解析