労働保険・社会保険の事務手続ポイント解説サイト
会社の労務担当者のための
労働保険・社会保険の取扱い・手続きについてポイント解説するサイトです。
従業員を採用したとき従業員が退職したとき従業員の異動・変更被扶養者の異動・変更起業・会社の設立・変更
事業所の備え付け帳簿定例事務手続き従業員のケガ・休業準備中準備中

従業員を採用したとき
  雇用保険の手続き
  社会保険の手続き
  被扶養者の手続き
  配偶者(第3号)の手続き
  

従業員が退職したとき
  雇用保険の手続き
  社会保険の手続き
  退職後の医療保険
  退職後の年金制度
  定年後に再雇用するとき

従業員の異動・変更
  家族を扶養するとき
  住所を変更したとき
  結婚するとき
  出産するとき
  育児休業するとき
  介護休業するとき
  氏名を変更したとき
  死亡したとき

被扶養者の異動・変更
  就職するとき
  出産したとき
  死亡したとき

起業・会社の設立・変更
  社会保険に新規に加入
  労働保険に新規に加入

事務所の備え付け帳簿

定例事務手続き
  定時決定
  随時改定
  賞与支払い時の手続き
  労働保険の年度更新

従業員のケガ
  業務でケガをしたとき
  仕事を4日以上休んだとき
  長期間治らないとき
  障害が残ったとき
  死亡したとき
  業務外のケガで休んだとき

準備中

準備中


  従業員の家族を扶養に入れる手続き


  提出書類は?


    「健康保険被扶養者(異動)届
     ⇒ 記入例 サンプル

    【添付書類】
      以下のリンクを参照してください(収入が確認できる証明書、同居確認のための証明書等)
      ※添付書類一覧表

  【被扶養者の要件】

     健康保険の被保険者に扶養されている75歳未満の人は、一定の条件に該当すれば
     被扶養者となり、本人が保険料を負担しなくても健康保険が適用されます。
     被扶養者として認定されるには、本人の収入や被保険者との生計維持関係などの基準を
     満たす必要があります。

     健康保険の被扶養者となるためには、 以下の要件を満たす必要があります。
      @主として被保険者の収入により生計を維持されている配偶者、父母、子、祖父母、孫、
       曾祖父母、弟妹
      A主として被保険者の収入により生計を維持され、かつ同一世帯に属している3親等内の
       親族(@を除く)

    【生計維持の要件】

      「主として被保険者の収入により生計を維持されている」状態とは、次の基準により
     判断されます。ただし、次の基準により被扶養者の認定を行うことが実態と著しくかけ離れて
     おり、かつ、社会通念上妥当性を欠くこととなると認められる場合には、その具体的事情に
     照らし最も妥当と認められる認定を行うこととなります。

    (1)被保険者と同一世帯の場合

       認定対象者の年間収入が130万円(60歳以上・障がい者の場合は180万円)未満で
       あって、かつ、被保険者の年間収入の2分の1未満である場合には、被扶養者となり
       ます。

       なお、上記に該当しない場合であっても、認定対象者の年間収入が130万円(60歳
       以上・障がい者の場合は180万円)未満であって、かつ、被保険者の年間収入を
       上回らない場合で、世帯全体を総合的に判断して、被保険者の収入が生計の中心と
       認められるときは、被扶養者となります。

    (2)被保険者と別居している場合

       認定対象者の年間収入が130万円(60歳以上・障がい者の場合は180万円)未満で
       あって、かつ被保険者からの援助による収入額より少ない場合は、被扶養者となります。


  提出先は?


    会社の所在地を管轄する年金事務所または健康保険組合に提出します。


  提出期限は?


    資格を取得した日から5日以内、または異動のあったときは速やかに提出します。



   この手続きは電子申請による手続きが可能なので、ハローワークに直接行かなくとも
   手続き可能です。
 
← 社会保険の手続き 配偶者(第3号)の手続き →
 
 
当サイトは社会保険労務士事務所セオスが運営しています。
c 2014 Labor Consultants Office Ceoss Allrights Reserved
 プライバシーポリシー l サイトマップ l 準備中 l 準備中
QLOOKアクセス解析