労働保険・社会保険の事務手続ポイント解説サイト
会社の労務担当者のための
労働保険・社会保険の取扱い・手続きについてポイント解説するサイトです。
従業員を採用したとき従業員が退職したとき従業員の異動・変更被扶養者の異動・変更起業・会社の設立・変更
事業所の備え付け帳簿定例事務手続き従業員のケガ・休業準備中準備中

従業員を採用したとき
  雇用保険の手続き
  社会保険の手続き
  被扶養者の手続き
  配偶者(第3号)の手続き
  

従業員が退職したとき
  雇用保険の手続き
  社会保険の手続き
  退職後の医療保険
  退職後の年金制度
  定年後に再雇用するとき

従業員の異動・変更
  家族を扶養するとき
  住所を変更したとき
  結婚するとき
  出産するとき
  育児休業するとき
  介護休業するとき
  氏名を変更したとき
  死亡したとき

被扶養者の異動・変更
  就職するとき
  出産したとき
  死亡したとき

起業・会社の設立・変更
  社会保険に新規に加入
  労働保険に新規に加入

事務所の備え付け帳簿

定例事務手続き
  定時決定
  随時改定
  賞与支払い時の手続き
  労働保険の年度更新

従業員のケガ
  業務でケガをしたとき
  仕事を4日以上休んだとき
  長期間治らないとき
  障害が残ったとき
  死亡したとき
  業務外のケガで休んだとき

準備中

準備中


  従業員が育児休業するとき


   従業員が育児休業するときは以下の手続きを行います。

    「健康保険・厚生年金保険 育児休業等取得者申出書(新規・延長)」
      育児休業期間中は、事業主の申出により、健康保険料および厚生年金保険料が
      本人(被保険者)分も事業主負担分も免除されます。
      ※ただし、健康保険組合は健康保険料の免除がない場合もあります。

    「雇用保険 育児休業給付金
      雇用保険の被保険者が育児休業を取得し、その育児休業中に支払われる賃金が
      育児休業開始前の賃金に比べて80%未満である等、一定の要件を満たした場合に
      支給されます。

      「パパ・ママ育休プラス制度」利用により育児休業を取得する場合には、一定の要件を
      満たすと、子が1歳2カ月に達するまでの間に1まで育児休業給付金が支給されます。


  健康保険・厚生年金保険 育児休業 


   【提出書類は?】
    「健康保険・厚生年金保険 育児休業等取得者申出書(新規・延長)

   【添付書類は?】
    原則として無しですが、管轄によっては母子健康手帳のコピー等を求められることがあります。
    
   【提出先は?】
    事業所の所在地の協会けんぽまたは健康保険組合に提出します。
    ※年金事務所内にも協会けんぽの出張所があります

   【提出期限は?】
    @1歳までの子を養育する育児休業 ⇒ 育児休業を開始後速やかに
    A1歳から1歳6カ月までの子を養育する育児休業 ⇒ 1歳到達日後速やかに
    B1歳(Aの申出をした場合には1歳6カ月)から3歳までの子を養育する育児休業
          ⇒ 1歳到達日後(1歳6カ月到達日後)速やかに

   【保険料が免除される期間は?】
    育児休業を開始した月から、育児休業を終了した日の翌日が属する月の前月分までの
    健康保険と厚生年金保険の保険料が免除されます。

    (例)4月1日に出産した場合
        育児休業開始日は5月28日 ⇒ 保険料は5月分から免除
        育児休業終了日は3月31日 ⇒ 保険料は3月分まで免除

    (例)4月2日に出産した場合
        育児休業開始日は5月29日 ⇒ 保険料は5月分から免除
        育児休業終了日は4月1日  ⇒ 保険料は4月分まで免除


  雇用保険 育児休業給付金

   【どんな人が対象になる?】
    ・育児休業開始日前2年間に、賃金支払の基礎日数(労働した日)が11日以上ある月が
     12カ月以上あること。
     正社員で1年以上通常に勤務していれば当然対象となりますし、パートでも1カ月11日
     以上で1年以上働いていれば対象になります。
    ・1歳未満の子(一定の場合には1歳6カ月未満の子)をもつ雇用保険の被保険者であること。

   【支給要件は?】
    育児休業を開始した日から1カ月ごとに期間を区切り(この区切られた期間を「支給単位期間」
    といいます)、その支給単位期間について、以下の全ての要件を満たす必要があります。
    ・支給単位期間の最初から最後まで雇用保険の被保険者であること
     (≒退職していないこと)
    ・支給単位期間に、土日祝などの休業日も含み20日以上休んでいること
    ・支給単位期間にもらった賃金が、育児休業開始前賃金の80%未満であること

   【提出書類は?】
    「(初回)育児休業給付金支給申請書
    「雇用保険被保険者休業開始時賃金月額証明書」
     ※複写式になっています。欄外に事業主の捨印を押印するのを忘れないようにしましょう。

   【添付書類は?】
    ・雇用保険番号が分かる書類
     (雇用保険適用事業所台帳や、ハローワークに求人を出したときの求人票のコピーなど)
    ・賃金台帳のコピー
    ・出勤簿(タイムカード)のコピー
    ・振込口座通帳のコピー(名義人や銀行名、支店名が分かるもの)
    ・母子健康手帳等のコピー 等

   ※初回の手続きが終われば、ハローワークから2回目の支給申請書が発行されます。
     2回目以降は、その支給申請書とハローワークが指定する休業を証明するものを
     提出しましょう。

   【提出先は?】
    事業所を管轄するハローワークに提出します。

   【提出期限は?】
    @初回は、最初の支給対象期間の初日から起算して4カ月を経過する日の属する月の末日
    A2回目以降は、ハローワークが指定する支給申請期間内

     育児休業給付金は2カ月ごとの支給となりますので、通常は育児休業開始してから
     2カ月が経過した時点で1回目の申請を行い、それ以後2カ月ごとに提出します。

   【育児休業給付金の額は?】
    @育児休業中の賃金がゼロの場合
      休業開始時賃金の50%が支給されます。
      育児休業給付金は、通常は2カ月ごとに1回の支給となりますので、2カ月で1ヶ月分の
      賃金がもらえる、というイメージです。
    A育児休業中の賃金が、休業前の賃金の50%以上80%未満の場合
      休業開始時賃金日額×支給日数×80%−支給単位期間にもらった賃金額
      ※休業開始時賃金日額=出産前6カ月間の賃金の合計を180で割った額



← 出産するとき 介護休業するとき →
 
 
当サイトは社会保険労務士事務所セオスが運営しています。
c 2014 Labor Consultants Office Ceoss Allrights Reserved
 プライバシーポリシー l サイトマップ l 準備中 l 準備中
QLOOKアクセス解析